人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダンス皆川

さくら

ただ今、栃木から帰って参りました。(夜の10時)

目的は達せられなかったのは、残念でしたが、なかなかおもしろいことがありました。

埼玉にAさんという秋田出身の方がいて、競技会の度に応援してくださるのですが、今回の競技会場がAさん宅から近いということで、1晩泊めていただきました。
福寿庵というところで食事をごちそうになりながらお話したのですが、ダンスを始めたのが57才、競技を始めたのが64才、そして現在74才で現役競技選手です。
自宅に約40坪の立派なスタジオも作って、毎日練習。

競技ダンス仲間の取りまとめ役をやっているとかで、言わずもがなです。
当初は無料で開放していたようですが、ダダは良くないと皆に言われて、500円だけ頂いているようです。
去年だったかに胆石が膵臓に入って死にそうになって数カ月入院して復帰して、それからパーティーに向けてレッスンに励んでいるうちに踊りが変わって、翌年に400組以上出ている東部のD級戦で初めて5次予選(最終予選)に残ったと喜んでいました(今までは3次が最高)。
俺は若い人の中でやってみたいんだと言って、笑っていました。


一緒に食事に誘われたダンス仲間のMさんも週1回土曜日に借りていて、昨日も朝2時間ラテンやって、昼食とって休んでからスタンダード2時間くらいやったそうです。
「先生、いくらやってもなかなかうまくいかないもんだねー。」と笑っているのです。
「少しはましになったかと思ってビデオで撮ってみると、全然動いてないんだよね。がくっときちゃった。」と汗を拭きながら笑っているのです。

あの先生は、もっと足にしっかり乗れと言ったけど、別の先生みたいに通過すれば良いっていってくれると分かるんだけどなーとか、
俺からダンス取ったら何にも無いとか、
あるいは、おまえはパートナーに感謝しろとか、言い合っているわけです。
なにしろ2人とも真剣で、そして楽しそうで、こんな人達がダンス界を担っているんだなーと心から思いました。
この愛すべきダンス馬鹿なお二人から、新たなエネルギーとやる気をいただきました。
私も自分自身の踊りのために、もう一度、1から出直して挑戦してみます。


今週はお花見にも行きました(サークルの方々と新屋で)。
私は、桜が大好きです。
さくら_c0217266_17235945.jpg

人は人で変わる。

たった数分の踊りのために何時間も何十時間も何百時間も費やして、花開くのを夢見て踊る姿に、桜を重ねてしまいました。
by minagawads | 2011-05-09 00:00
<< 輝く一瞬 夢と目標 >>



H20年12月オープンの社交ダンス教室です。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
at 2021-07-13 22:38
第81回メダルテスト
at 2021-05-06 09:09
あけましておめでとうございます
at 2021-01-06 09:30
防疫
at 2020-07-09 15:13
志村けん
at 2020-03-30 15:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧