人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダンス皆川

第69回メダルテスト

久々のブログです。

今回は、25名31セクションの受験者で、総じてとても良い成績でしたが、1名1セクションに不合格者がでました。

受験者が多く、休憩時間を利用した練習などの充分なケアーのできない中にあっては、皆さん良く頑張ったと思います。


昨日の打ち上げで、今後の対策などお話しましたので細かいところは省きますが、レッスンでも話していますが、メダル受験は表現者への道だと思うです。

当初の社交ダンスは、おそらく音楽に合わせた簡単なステップとリード&フォローだけだったと思います。

それが、受験に足を踏み入れた結果、それだけでは足りず、音楽に合わせた表現者として求められてくると思うのです。

メダルテストはそのための技術等を身に付けていくというのが私の認識ですね。

ですから、厳しい面はありますが、反面、表現できるということは、とても幸せな事だとおもうのです。



ダンスの表現には、運動が伴い、運動にはバランスとタイミングと運動に見合った姿勢と筋力が必要となります。

単なる足型と、単なる移動ではないということ。

そして、その運動は、音楽を表現するということに尽きるのです。

シンプルに自分がどんなものに取り組んでいるのか理解すれば、レッスンに取り組み易くなるのではないでしょうか。

厳しいA審査員からも、高得点を取ってやろうではありませんか!

皆さんが、良いダンスを踊り、良い点数が取れるよう、祈っております。


PS

他の先生の推薦により、今年から理事に拝命されました。
忙しい役目ながら、推薦してくださる方がいるというのは、とても有難い事です。
今後、メダルテストの後は毎回理事会がありますので、打ち上げは開始後2時間とか区切ってお開きにして頂ければと思います。
特に今回は、6月28日に東日本ダンス競技会が秋田で開催されるので、会議が長引きました。
次回からの理事会は、おそらくそんなに長引かないと思われますので、1時間半後くらいには参加できるかもしれません。
今回は、大変お待たせして申し訳ありませんでした。











小林先生

by minagawads | 2015-04-27 07:49
<< 第23回ダンスフェスティバル 新年明けましておめでとうございます >>



H20年12月オープンの社交ダンス教室です。

by minagawads
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧